オンライン学習が当たり前の新しい生活様式へ

新型コロナの外出自粛の影響で学校に行けない期間が3ヶ月ありましたが、お子様の家庭学習はいかがでしょうか?

 

お子様の学習が今後どうなるのか、この先の学校での授業がどう進むのか、わからないことばかり。働きながら勉強を教えることがとっても難しい、そんなモヤモヤされている親御さんも多いでしょう。


私もその一人で、このまま学校任せで大丈夫かな?と考えていた時にオンライン家庭教師を知りました。現在はオンライン家庭教師の老舗である「インターネット家庭教師Netty」を利用しています。

 

我が家はまだ中学受験などは考えていません。公立の小学校に通っている普通の女の子です。
毎日学校で勉強していた習慣が3ヶ月も抜けてしまいました。その感覚を取り戻すこと、今後オンライン授業が当たり前になるのでそれに慣れておく意味も含めて、
オンライン家庭教師を利用し始めました。これをきっかけに良い方向に進んでくれたらなと思っています。

 

このブログではNettyの無料体験をした後に、実際に申し込んで利用中の情報までまとめています。
これから利用を考えておられる方の参考になれば幸いです。

 


 

→→インターネット家庭教師Nettyはこちら


インターネット家庭教師Nettyの無料体験開始です!

★体験する小学生の情報★
小学2年生の女の子。家庭での学習は宿題とチャレンジタッチ。
自粛中はドリルを購入し留守番中一人で行う。
タブレットを購入し、マイクラ、YouTubeに夢中。
勉強時間とタブレット利用時間は守れるタイプで、勉強は嫌いではない。
Nettyはタブレットで行う予定。

 

無料体験当日、午後14:00からの受講でお昼ごろ電話が掛かってきていたのに気づかず、うっかり無料体験を忘れてしまっていました。
時間が過ぎてから気づいたんですが、事務局の方のスムーズな対応で、当日17:00に受講することが出来ました。

 

17時になるとSkypeに着信が着ました。ビデオ通話ボタンを押して出ます。

 

先生と繋がりました。
最初の体験授業は女性の先生でした。

 

先生と挨拶を済ませると、早速事前に学びたいと伝えていた算数の勉強開始です。

 

 

 

問題集は契約後郵送されてきますが、月額の料金内に含まれています。

 

今回娘が体験したのは小学2年生のひっさん足し算の問題です。
(オリジナルテキストなのでハッキリ出すのは控えさえて頂いています)

 

 

6枚ほどメールに添付されており、印刷して準備しました。

 

先生はオンラインホワイトボード(画面に講師が書いた文字が映し出される機能)を使って説明されていました。

 

 

娘は最初は声も小さくて、私の顔を見ながらやっていたんです。
段々、問題を教えて貰う内に打ち解けたようで、ほっといても大丈夫になりました。

 

イヤホンで聞いていると、何を話しているのかわりません。
人見知りなお子様の場合は、慣れるまでスピーカーにして親御さんにも聞こえるようにするのがお薦めです。

 

 

授業の途中では先生が娘に学校のことや習い事、好きなことなど聞いてくれたりして、
すっかり馴染んでいました。

 

授業が終わった時にはもうひっ算はクリアしていました。
無料で教えて貰えてホントに有難いって感じでした!

 

先生からまた後で事務局から連絡があることを聞いて、授業は終了。

 

娘はとっても楽しかったようです。

 

→→インターネット家庭教師Nettyはこちら

50分みっちりと無料体験が出来ました

Nettyの無料体験を受ける前に、他のオンライン家庭教師の無料体験をすでに受講していました。

 

そこでは最初に授業や料金などの説明が1時間ほどあり、実際の授業は15分ほどでした。

 

Nettyもそうなのかな?と思っていたのですが、事前に問題を渡されて、みっちりと50分教えて貰えました

 

娘はひっ算の繰り上がりなしの計算をを主人から泣きながら教えて貰っていたのですが、繰り上がりがある項目もしっかりと理解できて
とても嬉しそうで、早くパパに言いたいと話していました。

 

実は事前に無料体験した会社とサイト上の月額の料金が同じだったので、比較して決めようとしていたんです。
そちらを断る際に他の会社の状況も知りたいとのことでした。
「もう1ヶ所は体験でも50分みっちりと授業が受けられました」と担当者に話すとびっくりしてされていました。

 

 

 

たった1回の授業でも50分あれば子供の様子も分かりますし、子供自身も続けられるのか判断できると思います。

スマホでも授業が受けられる

その後6月スタートで契約しました。

 

無料体験から間が開かない方がいいとのことで、配慮で5月の最終週にも受講させて貰えました(支払いは6月からです)
※この仕組みについてはNettyの料金についてを参照ください。


担当の先生がどの先生になるかなど、事前に連絡があります。

 

今回は娘のタブレットで受講するつもりがまだアカウントをやり取りしておらず、
私のPCは使用中だったので、スマホにて受講したんです。

 

 

スマホでも受講可能と書かれている通り、問題なく受講できました。
イヤホンをせずにそのままスピーカーで受講していたのでどんな話をしているのかも聞こえていました。

 

娘は1回では正解せずに何度かやり直していましたが、積極的に取り組んでいました。

 

親だと間違った答えに対してすぐに「違う〜」と言ってしまいそうですが、そこはさすがの先生、
「そうだね!そう思ったんだね」とまずは肯定して教えてくださっていました。

 

先生は家の壁に貼っている娘の絵が見えたようで、絵を褒めてくださっていました。

 

数分間の休憩中には好きなことを聞かれて、娘は本を先生に見せたり、すっかり馴染んでいました。

 

スマホでも問題なく受講できるということは、パソコンがない家庭でもオンライン家庭教師を受けることが出来ます。
パソコンやタブレットを購入する必要がなく、家庭の負担も少なくて済みます。

 

 

 

インターネット家庭教師Nettyの小学2年生の無料体験の全体的な感想

結論として、無料体験を終えて契約を決めました。

 

無料体験を終えて、まず良かったのは50分しっかりと学べることが出来たので娘の様子がしっかりと見れたこと。

 

先生が気さくで緊張気味の子供に対してもうまく対応してくれました。
娘はお化粧品屋さんになりたいと話していたのに、「家庭教師になりたい」と言うようになりました。

 

また、娘が自粛中に連絡手段として利用していたSkypeを利用できるので、
スムーズに使うことが出来ました。

 

受講を忘れないように事前に電話連絡をくれたのも良かったです。

 

オンライン家庭教師では入会金、接続システムの料金、教材などが別料金なところが多い中、問題集も代金に含まれており、本当に記載以外の料金が掛からないんです。

 

解約するのも解約金なども不要な為、コロナで学校の状況が落ち着くまでという我が家でも受けさせてみようかと思えました。

 

 

まとめてみると、

 

  • 無料体験なのに、50分実際の授業が受けられる
  • 先生が気さくで子供たちへの対応が上手い
  • スマホ・タブレット・PCなどが使える
  • Skypeで授業が受けられる
  • 問題集なども代金に含まれており、記載以外の料金が掛からない
  • 授業が始まる数時間前に連絡をもらえる
  • 解約金が不要

 

以上の良い印象でまずは利用開始することにしました。

 


 

インターネット家庭教師Nettyはこちら